学園について

ニュース&トピックス

2014.11.26|自動二輪 
研修旅行 ~レース開始編~

一覧へ戻る

天候は晴れのち曇り?気温は19℃というコンディションの中で、いよいよレースが始まりました。
レースの進行はMoto3クラス(20周)→Moto2クラス(23周)→MotoGPクラス(24周)の順で行われます。
興奮してきましたね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

世界最高峰のオートバイレースを間近で見られるとは良い経験です。
 
各チームやライダーを応援するサポーターで熱気も最高潮に達していました!

レースの合間を縫って、パドックの様子も見てきました。
 
レース前のピリピリとしたムードは戦場そのものでした。
見ていても緊張感が伝わってきます。

こちらはIDEMITSU Honda Team Asia 
岡田監督 最終調整!?

そんな空気が漂っていたかと思うと、レースを終えたあとの疲労感を感じさせずにファンサービスに応える選手を見て
いろんな意味での“プロ”をパドック内では感じました。!(^^)!

ファンサービスに応じるカレル・ハニカ選手
 
そんな中Moto3クラスでは、序盤から転倒があり、応援していた日本勢にまさかのアクシデント!?
う~ん、プロの世界でも何が起こるか予想できないものなのですね。(;O;)


そして、Moto2クラスにも日本勢が出場しています。

高橋裕紀 選手
個人的には一番好きなクラスでもあるので、是非日本勢にはという期待があります。
しかし、「世界の壁は高い」と、ここでも痛感しました。来シーズンこそは頑張ってほしいです(^_^)/~

最後に最高峰クラスのMotoGPですが、やはり迫力が違いますね!排気音で全身が震えます。
何度聞いてもシビレマス(*^_^*
このクラスにも日本勢が出場しています。
結果としては残念ながら優勝とはなりませんでしたが、24台中12位と13位ですから大健闘だったと思います。


ホルヘ・ロレンソ 選手 
優勝なるか!?
 
日本勢は3クラスとも優勝とはなりませんでしたが最前線で戦っているライダーのサムライ魂をしかと見せてもらいました!
結果が全ての非常に過酷な世界だと思います。
しかし、我々サポーターには1レース毎に懸けるライダーやチーム、メーカなどの情熱や決意は伝わっています。
日本を代表するライダーのこれからの活躍に期待し応援して行きたいですね。
 
今年もこの研修旅行を通して多くの刺激を受け大いに感動しました。
きっと学生達も同じ気持ちに違いありません。いや、もっと色んなことを敏感に?感じ取ったことでしょう。
これからの学生生活に活かすかどうかは、キミたち次第!
 
研修旅行が無駄にならないよう日々の生活を送って欲しいと思います。
 
オートバイに乗れない季節が到来ですが、来年へのスタートはもう始まっている?ようです。
さぁ、冬の間にエネルギーをチャージだ!
 
最後に
研修旅行に際し、各関係の皆さまのご理解とご協力があり無事に実施できました。
ありがとうございました。

ブラックT先生、長距離の運転大変お疲れ様でした。
 
二年生 担任H
 
 
大通りキャンパス
〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目1-22
0120-234-722
TEL: 011-631-8811
FAX: 011-613-0601
交通アクセス
自動車実習棟
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西18丁目1-35
北24条キャンパス
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-12
TEL: 011-748-3887
FAX: 011-741-8823