学園について

ニュース&トピックス

2015.04.25|海洋生物 
母川回帰~2014年3月卒・DK君~

一覧へ戻る

2014年3月に卒業したK奈部くんが、学校に遊びに来てくれました。
 
遊びに来たというと、少し違いますね。
実はK奈部くん、転職活動をしていて、結果を報告に来てくれたのです。
 
K奈部くんは現在、道路工事の仕事をしています。
一年先輩のH谷くんに誘われて仕事に就いたのが始まりでした。
 
K奈部くんは在学中、勉強が嫌いで、テストの度に逃げ腰でした。
卒業後、工事の仕事に就いたものの、現場で全然動けず、
先輩社員の方たちともコミュニケーションをとれず、
泣き言を言っていたのを覚えています。
「相手にされなくても、怒られても、それでも行くんだよ」
その時、K奈部くんに岡本が伝えた言葉ですが、
それは辛いものだったかもしれません。
 
その後、K奈部くんは相当頑張ったのでしょう。
 
前回学校に来た時、K奈部くんから先輩社員との関係、仕事の話、在学中の自分の事、
色んな事を聞いて、随分社会人になったなぁと感慨深いものがありました。
 
その直後。
岡本も知らない代の海洋の卒業生から、求人の打診の電話が入ったのです。
 
仕事の内容を聞いて、在学生、卒業生、思いつく限りの顔を思い浮かべながら、
性格や現況を考えて一番にピンときたのが、K奈部くんでした。
今のK奈部くんなら、きっと勤まるに違いないと思い、連絡を取ったら、
ほぼ即決で、挑戦したい!と返事がきました。
 
K奈部くんは5月から、マグロの養殖の仕事に就きます。
函館で2ヶ月の研修を終えたら、高知県へと旅立ちます。
 
その養殖マグロ、なんと、2011年3月に卒業した、中央卸売市場の卸売会社で、
マグロの流通に関わっているS原くんが取り扱っているとのこと。
 
 
 
現33歳のS田さんが社会で頑張っていること、
そのS田さんからカギセンに求人の連絡が来たこと、
K奈部くんが卒業後、工事現場で頑張ってきたこと、
だからこそ、養殖という現場で頑張れる自信が付いたこと、
S原くんがその会社の養殖マグロを扱っていること、
学生達の人生を見ていると、「縁」とか「運命」とかを感じます。
でも、その全てに通じているのが、
何の形であれ、精一杯社会で頑張っている事でしょうか。
 
 
 
岡本はカギセン海洋生物学科を守るだけでなく、
発展形に持っていかなくてはいけないと、
今回の出来事を通じて強く感じました。
 
頑張れ!卒業生達!
どこで何をしていても、頑張っている限り、岡本は応援しています!
 
 
 
すっかり頭の中がマグロモードのK奈部くんから、
鮪シールのお土産をもらいました。



K奈部くん、旅立つ前にまた、学校に来てくださいね。
大通りキャンパス
〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目1-22
0120-234-722
TEL: 011-631-8811
FAX: 011-613-0601
交通アクセス
自動車実習棟
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西18丁目1-35
北24条キャンパス
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-12
TEL: 011-748-3887
FAX: 011-741-8823