学園について

ニュース&トピックス

2015.07.21|バイオ 
パルナス蒸留

一覧へ戻る

こんにちは
バイオ学科の山崎です。
 
2年生の分析化学実習では
ケルダール分解、パルナス蒸留、逆滴定を行う
「粗脂肪の定量」を実習しました。


特に、パルナス蒸留では
大がかりな蒸留装置を組み立てるので


しっかり説明を聞いて、装置を組み立てないと
大きな事故につながりかねません。


装置の準備ができたら、ブランクとサンプルの蒸留です。


真空ビンにサンプルや試薬を流し込むので


装置の組み立て方で、操作に苦労するグループもありましが
しっかりグループのメンバーがカバーしてくれていました。


蒸留をするたびに、逆流させて真空ビンを洗浄しますが
慣れるまでは、確認しながらの操作でした。


そして、蒸留で回収した三角フラスコの液体を
0.1-NaOHで滴定しました。


指示薬で紫色になっている溶液が
きれいな緑色になるまで滴定します。


今回の実験では、食品を使って分析したので
その食品の成分表の値と、実験の結果による値とを比べて
実験がうまく行ったのかを 考察してもらいました。


「やる時は やるよ!」と
M君が、笑顔で実習を締めくくってくれました。


 
 
大通りキャンパス
〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目1-22
0120-234-722
TEL: 011-631-8811
FAX: 011-613-0601
交通アクセス
自動車実習棟
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西18丁目1-35
北24条キャンパス
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-12
TEL: 011-748-3887
FAX: 011-741-8823