学園について

ニュース&トピックス

2016.12.13|海洋生物 
魚を美味しく頂いてみる、の訓練

一覧へ戻る

1年生のH原くんに、「組長」と言われました。
意味が分からないので、
個人面談確定です。
 
 
 
お元気ですか。海洋生物学科の岡本です。
 
 
 
さて、先日の2年生のフィッシング学Ⅱ&水産食品学の授業のこと。
実習室には、


鍋。
ネギもあります。
ここまでだと海洋生物学科らしさは0%ですが、


魚が登場すると、途端に海洋にいる気分100%になります。
岡本は魚に詳しくないのですが、
トウベツカジカという魚らしく、
釣りの講師の坂田先生が、知り合いの漁師さんから頂いてきたようです。
 
面構えの良い魚です。
魚が登場すると、


海洋の学生らしく、撮影会が始まります。
野菜をカット。


普段から料理しているか、一発でバレますね。
 
カジカも捌きます。

白い服のS見くん。
魚の処理は慣れていないようです。
一方、

チェック柄のK越くんは、
危なげない、無駄のない包丁捌きが素晴らしい。
クラスメイトによると、普段から家で捌いているようで、
正直、すごいなと思いました。
 
そうこうするうち、真打ちが登場。


黒い服のM浦くんは実家が漁師。
さすがでした。
 
真打ちに指南してもらい、

S見くんもスムーズに捌けるようになりました。


肝、美味そうです。


全部の材料を鍋に入れ、グツグツ。
 
出汁が出ていて、とても美味しい鍋でした。


みんなも満足したようです。
 
水産食品学では主に「加工」のことしか習いませんが、
普段の生活では、「料理」がメインです。
釣りをする学生も多いので、魚の種類のみならず、
魚を捌くことを学べて有意義だったのではないでしょうか。
 
前日の燻製の実習といい、
相変わらず学生の「動き」が気になる岡本は、
捌いている人も気になりますが、
座っている人の観察にも余念がありません。
 
働いたら、どんな動きをするようになるのでしょうか。
こんな時、色んな思いが沸き上がります。
無駄な苦労を背負い込まない人生を願っています。
 
大通りキャンパス
〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目1-22
0120-234-722
TEL: 011-631-8811
FAX: 011-613-0601
交通アクセス
自動車実習棟
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西18丁目1-35
北24条キャンパス
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-12
TEL: 011-748-3887
FAX: 011-741-8823