校外実習~忍路で臨海実習~

学生を校外実習に連れて行く時、運転するのですが、
助手席に学生が座りたがりません。
まるで、助手席が罰ゲームのような扱いなのが納得いきません。
 
 
 
お元気ですか。海洋生物学科の岡本です。
 
 
 
さて、海洋生物学科の1年生は、おたる水族館を見学した後、
小樽の忍路湾にある北大の臨界実験所へ移動しました。
 
みんな大好き、海辺の実習。
 
しかし、この日は台風接近の大時化。
 
P1040499
 
滅多に荒れない忍路湾に白波が立ち、窓ガラスに雨が叩きつけ、
歴史的建造物である実験所が心配になるほどでした。
 
学生達は「釣り!」「磯!」などと妄想していたかもしれませんが、
結構、実習は忙しく、
 
P1040488
 
到着してすぐに実習開始です。
しかも、
 
P1040489
 
みんな大嫌いな計算から。
対物ミクロメーターと接眼ミクロメーターの使い方を習います。
何人もが遠くを見る目をしていました・・・
 
続いて、キタムラサキウニの殻径をノギスで測るために、
 
P1040490
 
棘を散髪します。
綺麗に散髪すると、ウニが5つのパーツで成り立っていることがよく分かります。
 
殻径を測ったら、放卵と放精を促します。
 
P1040494

P1040492
 
白い方が精子、黄土色の方が卵です。
 
前評判では、時期的に放卵も放精も無理ではないかと言われていましたが、
一人を除いてどちらかをゲットできましたので、
人工授精は大成功でした。
 
P1040498
 
受精卵はどんどん発生を進めていきますので、
各ステージをスケッチします。
 
P1040496

P1040497

P1040501
 
2細胞期。
発生の合間に、学生達は何をするのかと観察すると、
 
P1040502

 
お絵かき大会や、
 
P1040508
 
トランプ大会など、
ほとんどの学生がお互いに声を掛け合って楽しい時間を過ごしていました。
自分勝手に楽しまないところが、1年生、好感度高いです。
 
雨が小降りになり、うねりが少し治まりだすと、
釣りに繰り出す学生や、
 
P1040513
 
プランクトンの灯火採集にはまる学生が出始めました。
釣りに行った学生がプランクトンを観察したり、
プランクトン採集をしていた学生が釣果を聞いたり、
ここでも互いに声を掛け合って楽しんでいました。
 
P1040512
 
岡本も、プランクトンにどっぷりはまり、無我夢中の写真。
時化ると、海には行けないけど、普段見られない面白い生物が岸に寄るので、
時化も悪くないと思います。
 
翌日、うねりがひどかったら、打ちあがった生物を拾うしかないと思っていましたが、
奇跡的に磯に入ることが出来ました。
 
P1040517

 P1040520

磯で海藻や磯の生物を採集しました。
 
お昼を食べたら、フィッシング学の坂田先生が関わっている、
尻別川のイトウのパネル展へとニセコに移動。
 
P1040531

P1040528

P1040529
 
台風渦中の臨海実習でしたが、無事に通常の実習を終えることができました。
 
 
 
入学半年の1年生。
まだまだ伸びシロが多いのですが、
ほとんどの学生が確実に来年の今頃、成長してくれるのではと思える行動をしていました。
 
純粋に臨海実習を楽しみ、校外実習を満喫し、
クラスメイトと同じ時間を共有することを大切にし、教員の存在も忘れず、
岡本自身が楽しい実習だったと思える内容でした。
 
あとは、普段の学校生活でも、精一杯人生を送ってほしいと思っています。

担任のような思いを持つ先生

写真が趣味です。
カメラの仕組みも、写真の構図もさっぱり分りませんが。
最近、趣味のカメラを久しくやっていません。
そろそろ、旅に出ていいですか?
その前に、連休取っていいですか?
 
 

 
お元気ですか。海洋生物学科の岡本です。
 
 
 
さて、海洋生物学科に今年から1人、新しく講師の先生に来ていただいています。
1年生に魚類生理学を教えていただいている、長谷川先生です。
 
P1040224
 
長谷川先生は、サケの研究機関にお勤めされていましたが、
専門は魚の行動、特に視覚に関するプロの先生です。
 
ある日、貴重な魚の網膜の標本を学生に見せていただきました。
 
P1040229

P1040228

P1040227
 
学生から見れば、長谷川先生の授業やテスト問題は難しいかもしれません。
岡本も、なかなかレベルが高いと感じました。
 
ただ、長谷川先生とお話をしたら、
「学生に、考える力をつけてあげたい。社会に出て、絶対に役に立つ」
とのお考えで授業やテストをしていただいている事を知りました。
 
それは、岡本も、毎年卒業までに学生に身につけてほしい事の一つです。
担任のような深い愛情に、頭が下がりました。
出来る限り長谷川先生のお手伝いが出来れば。
学生に私たち教職員の思いが伝われば。
 
 
 
気持ちを新たに、学生に向き合うと決めた日でした。

校外実習~おたる水族館の見学~

ガラケーです。
それが自慢です。
なのに、バッテリーの容量が減ってきました。
不本意ながら、スマホにする時期が迫っています。
 
 
 
お元気ですか。海洋生物学科の岡本です。
 
 
 
さて、海洋生物学科の1年生は、おたる水族館に見学に行ってきました。
 
みんな大好き、水族館。
北海道にもいくつか水族館がありますが、
海獣の充実やライトの照らし方など、何度も行きたい水族館の一つです。
 
おたる水族館では、バックヤードツアーをしてもらいます。
 
P1040463
 
ここは、誰しもが見られる水槽ですが、バックヤードは誰しもがいける場所ではないので、
とても面白い所です。
 
P1040467
 
ここでは、サメの卵やサメの顎を見せていただきました。
 
普段は見る側の裏側は、魚を上から見下ろせます。
 
P1040468

P1040470

P1040472

P1040473
 
水槽には蓋がないので、毎年落ちないか冷や冷やしますが、
その辺は抜かりないようです。
 
生きているサメに触らせていただいて鮫肌を体験したり、
 
P1040476
 
棘皮動物コーナーでは、
 
P1040478
 
ヒトデやウニやナマコに触らせていただきました。
 
その後、講義室で水族館の概要やろ過システムなどを講義していただきました。
 
P1040481

P1040482
 
観賞魚の授業でろ過の話しは既にしていたので、
学生達も、すんなりと話を聞けたのではないかと思います。
 
お弁当を食べた後は、1時間ほど自由見学。
 
セイウチのツララちゃんのショーでは、
 
P1040485
 
女子学生がツララちゃんにチューしてもらおうと、
授業中には見られないほど挙手していました。
残念ながら指名されなかったので、岡本はこの場を離れて館内をうろついていましたが、
どうやらオタリアのショーで輪投げ役に指名されたようです。
 
P1040487
 
グッズ販売のショップでは、学生達が興味津々の様子で、
ぬいぐるみなどを手にしていました。
岡本の財布から少ないお札が出て行くコーナーでもあります。
新しいぬいぐるみ「トクビレのトクさん」をゲットしました。
 
 
 
みんな大好き水族館は、バックヤードツアーや講義までしていただき、
個人では出来ないことも体験できて満足したのではないかと思います。
 
 
 
この後、忍路に移動して臨海実習。
さて、今年はどんな過ごし方をするのでしょう。

校外実習~乗船実習~

今年最後のキャンプをしました。
夜、息が白い中、炭を熾(おこ)しました。
もはや、キャンプというよりは、何かの訓練みたいでした。
 
 
 
お元気ですか。海洋生物学科の岡本です。
 
 
 
さて、海洋生物学科の2年生は中央水試の見学後、
積丹へ移動して乗船実習をしました。
 
海洋調査の仕事を希望する学生もいたりしますので、
やはり実施しておきたい実習です。
 
 
 
まず、何をしたかというと、
 
P1040413
 
腹ごしらえ。腹が減っては仕事はできません。
 
食後は、海洋調査のポイントや、心構えを講義していただきます。
 
P1040416
 
「ちゃんと意識を持って測定しないと、もし事務所に帰って数値に疑問が湧いたとしても、
その日、その時のデータは二度と取れません」
 
いつもながら、調査系の仕事に就かなくとも役に立つお話をしていただくので、
乗船実習は欠かせない実習です。
 
今やっていることに意識を持つ。
 
学生たちが、
ただ学校に来て、ただ言われたことをやらされているとういう意識ではありませんように。
 
そして、いよいよ乗船。
 
P1040419
 
バンドーン採水器の使い方を教えていただきます。
 
P1040425
 
ある一定水深の水を汲むのに、とても優れた器具です。
 
P1040444
 
水深ごとの水温と塩分濃度を測定します。
 
P1040424

P1040433

P1040435
 
この時も、作業をする上で、声をかける重要性などを教えてもらいました。
これは、校内で実験する時も同じことが言えます。
もっと言えば、社会に出ても必要な事柄です。
 
またまた、どんな仕事に就こうとも役に立つことを教わりました。
 
そして、下船後、
 
P1040450
 
数名の学生が船酔いでやられていました。
 
 
 
学生の実習の様子を見ると、
2年生になって、1年半の勉強の蓄積が形になったんだなぁと思いました。
知識だけではなく、見学・実習の様子も、
社会人になる準備を整えつつあるんだと思える内容でした。
まだまだ、自分が社会に出る主役なんだという気持ちを持っている学生が少ないですが、
これから卒業までの半年、自分やクラスメイト、後輩、授業について何を思うのか、
そしてカギセンに来て良かったと思える自分に、自身を仕上げられるのか、
期待を持って見守りたいと思います。

母川回帰~2013年3月卒・YI君~

最近、卒業生の一言に感動することが多いのですが、
底引き網漁業に勤めている、この春卒業したI田くんが、
漁と漁の合間に学校に来てくれた時に話していたことにも、なかなか感動しました。
 
「俺、給料上がったさ」
 
そう言って、見せてくれたメールは、船頭さんからの提案でした。
 
I田くんは頑張っているから、給料上げてやってくれないか。
 
よく学校に来て、漁の様子を離してくれるのを聞くと、
もちろん仕事そのものを頑張っている様子は伝わってくるのですが、
I田くんのすごい所は、年配の方が思い物を運んでいたりすると、
「俺やりますよ」と声をかけたりと、
仕事仲間を良く見て、気持ちを入れて働いているんだと感じます。
 
素直にすごいなぁと、嬉しくなりました。
 
もう一つ。
 
在学生に追試をしている時、その様子を見ながら
「俺は、毎日がテストさ」
と言った事。
 
本当に、そう思います。
昨日までの全てを、今日、試す。
今日の試験結果を、明日、活かす。
生きていく姿勢そのものです。
 
 
 
岡本も、ハンパに暮らしていてはいけません。
卒業生に負けないよう、日々、気持ちを入れて生きていかなくては!