学科紹介

海洋生物学科

北海道唯一の専門学科で幅広い海洋ビジネス全般に対応できる技術者を育成。

『獲る』が主流だった漁業が『育てる』漁業へと変化し、海洋業界は新たな時代を迎えています。海洋生物学科では、現代の海洋ビジネスをタイムリーに捉えた学習カリキュラムを構成。水産資源の増養殖技術を中心に海洋生物全般の生態、観賞魚の飼育管理、海洋環境の保全・調査など幅広い知識を身につけます。豊富な実習体験を通して、これからの海洋ビジネスを担う人材を育成し、海洋業界に広がるさまざまな企業への就職をサポートします。

  • 4つのポイント
  • 取得可能な資格
  • カリキュラム
  • 目指せる職種
  • OB・OGの声
POINT 4つのポイント紹介!
カギセンでしかできない充実体験!海洋生物学科4つのポイント。

道内で唯一海洋生物を専門に学ぶ学科

海洋生物や海洋環境、産業について学べる道内唯一の学科です。日本の主要産業である海洋ビジネスに関わる技術者を目指します。

ユニークで特徴ある実習授業

野外では海洋資源の採取と観察を行う臨海実習、自作疑似餌で釣りを行うフィッシング系実習。校内では水産食品の加工を行う水産食品学、生息環境を分析する水質分析実習など数多くの実習授業を行います。

豊富なインターンシップで職業経験を積む

就職活動を有利に進めるために、在学中のインターンシップ(職場経験)を取り入れています。水族館や魚介類の増養殖業務、海洋調査業務など各関連分野で数多くの受け入れ先を用意しています。

充実の講師陣!20名の定員に対して講師は10名。

仕事の幅が広く専門性が強い分野だけに、講師陣も各分野のプロフェッショナルが揃っています。自分が目標とするプロがきっと見つかります!

CAPABILITIES 取得可能な資格
海洋生物学科では現役のインストラクターとして活躍している教員や、これまで多くの学生を資格取得へ導いてきた経験豊富な教員が、学生の資格取得をサポートしています。資格対策は個別指導を心がけており、納得いくまで学習できる環境になっています。

中級バイオ技術者

一級小型船舶操縦士

一定排水量までの船舶を操縦するために必要な免許。海を舞台に活躍したい人の必須資格。

潜水士

潜水士

特殊技術を活かしての水中土木作業やサルベージ作業、水産物採取などで必要。

生物分類技能検定

生物分類技能検定

生物調査に欠かせない「種を見分ける能力」や生き物に関する知識が問われます。生物関連の仕事に役立つ資格。

その他の取得可能資格

ダイビングライセンス

コンピュータサービス技能評価試験(ワープロ・表計算)

CURRICULUM カリキュラム
レジャービジネスや一次産業、研究分野まで就職の幅が広い事が特徴の海洋生物学科。
授業でもそれらの分野に対応すべく、ユニークで実践的な実習授業を豊富に取り入れています。

カリキュラム

JOB CATEGORY 目指せる職種
マリンレジャー、魚介類の増養殖、市場の管理や海洋研究分野など、活躍先は北海道の一大産業である海洋ビジネスを支えるものばかりです。

増養殖技術者

観賞用から食用まで様々な用途で使用される
魚介類を人工的に管理、育成する仕事です。

海洋調査員

海洋調査船で生物や海洋環境の様々なデータを
収集し、各研究機関に提供する仕事です。

漁協職員

漁業者の円滑な操業や、
漁業収入安定のための様々なサポートをする仕事です。

水族館職員

水族館の展示用生物の飼育管理や
ショーイベントの企画などに携わる仕事です。

就職実績を見る!

OB・OG MESSAGE OB・OG メッセージ

稚内市ノシャップ寒流水族館 水族館飼育員 太田 美保さん H23卒 稚内高校出身(旧 稚内商工高校)

諦めきれなかった夢
叶えてくれたのはカギセンでした

高校を卒業後社会人を3年程経験しましたが、昔からの夢だった水族館で働きたくてカギセンに入学しました。釣りなどの野外実習が多く、とても刺激的で楽しい学校生活でした。就職支援室を利用しながら就職活動をしていた時地元の水族館で求人があり、迷わず決めました。その時は先生もすごく喜んでくれて、「本当に諦めなくて良かった!」と思いました。飼育の仕事ですので大変なこともたくさんありますが小さい頃からの夢が叶った今、毎日がとても充実しています。親身な先生方が多いカギセンで学べて本当に良かったです!

(社)北見管内 さけ・ます増養殖事業協会 増養殖技術者 以西 創さん H22卒 浦河高校出身

大好きな魚に関われるので
毎日がとても充実しています

入学前に地元の養殖場に見学に行ったのですが、その時に対応してくれたのがカギセンの卒業生でした。魚が大好きな僕は増養殖の仕事に大きな魅力を感じ、この仕事に就くことを目標に入学しました。現在はサケやマスの捕獲から人工授精、稚魚の育成と放流まで、養殖の一連の流れに関わっていますが、学校で学んだ人工授精の知識は非常に役立っています。自然や生物を相手にする仕事なので、大変なこともたくさんありますが、好きなことを仕事にできたので毎日がとても充実しています。

丸水札幌中央水産(株) 水産大卸 榊原 希望さん H23卒 羽幌高校出身

カギセンで身につけた、聞く力、話す力
社会に出て改めてその大切さに気づきました

カギセン在学中に読んだ漫画の影響で卸の現場に興味を持ち、その後市場見学で見た活気のある現場にさらに惹かれ就職を決意しました。その後は学校生活でも就職を意識し、積極的に先生方と接して知識を広めていきました。日々の学校生活で聞く力、話す力が自然と身につきましたね。就職してからわかりましたが、この職場では先輩や上司にきちんと意思表示できないと、すぐにチャンスを逃してしまうのです。今マグロをさばかせてもらえているのも、学生時代の経験のお陰ですね。いつか『マグロに榊原あり』と言われるようこれからも頑張ります!

(株)安田 水槽設計者 川口 大介さん H23卒 帯広北高校出身

当社が作った水槽で、大好きな魚達が泳ぐ
僕にとってまさに天職です!

水族館やテレビ番組のセット、食用魚介類用などの特殊な水槽の制作・管理をしています。当社にはカギセン海洋生物学科1期生の先輩もいて、先輩がいた頃との学校の違いなどを話して盛り上がることもしばしば。この仕事のやりがいは、某水族館の円型水槽や有名ブランドのイベントで池を作ったりと、最先端でスケールの大きな仕事ができること。僕は高校生時代から熱帯魚が好きで、グッピーからアロワナまで飼育していました。大好きな魚と関われ、表現することが好きな僕にはまさに天職だと思います。

写真で実習風景をチェックしよう!

その気になったら気軽に参加しよう!各種イベント受付中!

  • オープンキャンパス参加しよう!
  • 進学相談会
  • 学校見学
  • キャンパスライフ
  • 募集要項
大通りキャンパス
〒060-0042
札幌市中央区大通西17丁目1-22
0120-234-722
TEL: 011-631-8811
FAX: 011-613-0601
交通アクセス
自動車実習棟
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西18丁目1-35
北24条キャンパス
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-12
TEL: 011-748-3887
FAX: 011-741-8823